慢性疲労の治し方

梅雨から本格的に夏になってきました。

この時期は、梅雨からの疲れを引っ張って、猛暑で追い打ちをかけられます。

疲労感は、足腰の重みから、上半身にうつってきます。
全体的に身体がだる重い感じ。


では、なぜ「疲れ」てしまうのか?

疲れは、実はすべて内臓からのサインです。
内臓の働きが低下すると
内臓とセットになった筋肉疲労や筋力低下がおこります。

梅雨時期は、湿気が多くなるため
身体の水分や塩分のバランスが取りづらくなります。

そのため、腎臓はいつもよりたくさん働くので疲れてきます。

腎臓とセットになる筋肉は
腰の筋肉なので、足腰にだるさがきます。



梅雨時期に、腎臓の疲れをしっかりケアしていないと
猛暑で、さらにダメージを蓄積し
他の内臓も余計にがんばらないといけなくなるので
疲労は全身に、慢性的になるわけです。

なので
慢性疲労は、内臓を回復させてあげると、解消していきます。

内臓を労わるには
少食、素食、綺麗なお水をたくさん飲む、じーっと動かないのではなく、適度に運動する、優しくストレッチする、深呼吸する

要は、副交換神経にスイッチを入れてあげれば良いのです。

ともナチュは、自律神経のバランスと内臓の働きを整える為に、頭蓋骨のゆがみを取り除くので
身体の内側から元気にする整体を行っていますので
慢性疲労にも、ともナチュをご利用くださいね(*^^*)

ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000