寝違え、ギックリ腰の予兆・サイン

朝晩が冷え込んできました。
この時期は、寝違えやギックリ腰など、急性の激痛に悩まされる方も多くなります。

急性とは言うものの
ホントに急性なの?

寝違えやギックリ腰の方がよく言うのが
「何にもしてないのに、急に…!」
「変な寝方してたからねー!」

など。

でも、それは引き金であって、前々から予兆が絶対に出ています。




ぼくも昔、よくギックリ腰しましたf^_^;
トラック乗る仕事して、重たいモノを担いで、疲れた体を酷使して…
やがてギックリ腰…。

ぼくの分の仕事までやらされた同僚…迷惑かけました…m(_ _)m

それから腰痛、坐骨神経痛を治すのに、かなりの時間と費用を費やしました。
なる前にケアすれば、ならなかった。
ケアを怠った自分の責任です。
自分の体を粗末に扱った結果です。

なのに、
重たい荷物や仕事のせいにしました。
治せない治療家のせいにした事もありました。
会社のせいにした事なんて数え切れない。

でも、すべては予防していなかった自分のせいです。

時間とお金は取り返せません。

予防が大事。
予防しておかないと、なってからでは遅いんです。
ギックリ腰、寝違えなら、ともナチュでも治ります。
もっと言うと、寝てれば治ります。
激痛は、「限界なので、休ませて!」っていう体のサインなので、休ませてあげれば痛みは治ります。

体からのサインに敏感に気付いて、丁寧な対応をしてあげれば、健康は保てます。

敏感である為には、常に体をベストな状態に保っておく事が必要です。

それは予防であり、対策。

寝違えやギックリ腰ならまだマシ。

病気になってからでは遅い。
病気も、症状自体は問題ではないんです。
なるまでの過程が大事です。
その過程がどんなものだったかが明確に分かれば治療は比較的簡単です。

"なるまで"に体をどんな風に粗末に扱ったのかを考えてあげましょう。


寝違え、ギックリ腰になる前に
今なら、肩こり、首こりがたまってきた感じがあったり、胃やお腹の調子がイマイチという内臓からのサインも見逃せません。
腰が痛くなる前に、脚が重だるかったり、夜中に脚がつったりもあります。
ご飯を食べた後にきまってフワフワするかもしれません。

細かなサインに気付いてください。


ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000