膨張してませんか?

幼児・子どもは成長段階では、エネルギーが膨張に傾き、老いていくにつれてエネルギーは収縮していく。

現代人は、どちらかというと、膨張に傾き過ぎているように感じる。

細胞は疲労、劣化、老化すると、萎むのではなく膨張(むくむ)する。
膨張することで、体液の循環を悪くさせて、さらにむくむ。
老廃物や毒素をリンパや静脈に流しきれず、溜め込む。

そうすると、筋肉も脂肪も内臓も血管も神経も体の組織全部がむくむ。


この状態で、骨盤を矯正したり、背骨を矯正しても効果は期待できません。


まずは、膨張によって圧力がかかり過ぎた体を縮めてあげないといけない。


普通のマッサージや整体は、筋肉を伸ばしたり、関節が潰れているから、隙間を開ける…などの施術しかしない。



縮めてあげないといけない。



ガンや腫瘍は、膨張して隙間だらけの体内の隙間を埋めるためにできるのではないか…と、ぼくは考えています。



縮めてあげないといけない。


顔も頭も背中も腕もお腹もウエストもお尻も脚も大きく膨張するような姿勢を、一般常識では「正しい」「そうでないといけない」と教育されている。

何の疑いもなく、みんな一般常識が正しいと判断している。


残念ながら、非常識人にならないと、みんなと同じようにむくみと一生付き合っていかないといけない!

むくんだり、太る姿勢をしながら、やせたい、やせたいと言い続けないといけない。


2017年からまったく新しい自分スタートの為に、その姿勢と既成概念をともナチュでリセットしに来てください(*^^*)




今日はホントに気持ちいい秋晴れ〜♪♪

ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000