心の柔軟性

体の柔軟性があると、痛みやコリがおこりにくかったり、ふとした瞬間の動きに対応できます。


心も同じで、心の柔軟性があると、いろんな人や物事に対して、コリ固まった対処をしなくていいので、心を痛めることが少なくなります。

心の柔軟性がない状態とは…
自分の決められた枠の中だけで、人や物事をジャッジしている。(あの人はこうだ!私のことをこう思っている!私とは意見が違うからそぐわない!など)
やりたくない事をやっている。
苦しい、イヤだ、悲しい、でもやっている。
小さなひずみは、いつしか大きくなり、その大きさにも気付けなくなります。麻痺です。



筋肉のストレッチは、ビーンッ!!と突っ張るストレッチは逆に柔軟性を失い、パフォーマンスを低下させます。

心のストレッチも、無理にビーンッ!と突っ張らせると、柔軟性を失い、穏やかでいられなくなります。
「リラックスしてはいけない」という感情にまでなります。

心のストレッチは、
好きな事に没頭する。
癒される場所に行って、伸び伸びとした楽しい事や夢を思い浮かべる。
1日に数分でも、数時間でも、自分の好きな事をすることから始めてもいいかもしれません。

少し負荷を強めたストレッチは…
ジャッジではなく、学びとして捉えてみる。(あの人はこういう考え方なんだ。自分とは違うけど、そういう考え方もあるのね!参考にしておこう。)


心の柔軟性も筋肉の柔軟性も
健康的な体があっての事なので、不健康はどちらも柔軟性を作ろうにも作れません。

健康が一番。

毎日の食事に気を配ったり、趣味を持ったり、たまには体のケアをしたり。
そんな時は、ぜひともナチュをご利用くださいね〜♪

ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000