不要なモノはない

光と影、エネルギーが高い・低い、陰と陽、交感神経と副交感神経

傾き過ぎることこそ、注意が必要です。

「交感神経が高ぶり過ぎているので、副交感神経を高めないといけません」

などの記事が多いです。
コレを見ると交感神経が悪者のように感じて、副交感神経ばかりに傾かせそうとする。

大切なのは、交感神経と副交感神経のバランス。

野菜が良い!肉はダメ!
というのも偏りすぎ。
肉を食べないと貧血のリスクを高めます。
特に日本人はみんな貧血気味なので、肉を食べないと…。

陰のエネルギーがダメで、陽のエネルギーが良い!
ではなく、陰陽も良い悪いではありません。
どちらも必要。

考え過ぎたり、うちにこもり過ぎた時に陰のエネルギーを取り入れると陰に傾き過ぎるから良くありません。
でも、エネルギー発散し過ぎ、外に外に出て考えがまとまらないなどの時に陽をつぎ足すのも良くありません。

陰も必要。
陽も必要。
交感神経も必要。
副交感神経も必要。
肉も必要。
野菜も必要。
朝があるから、夜がある。
夜がないとどうなるでしょう?

大切なのは、すべてバランスです。




体に出る症状は不要なモノはありません。
病気になる事は、サインを無視し続けた結果。
体感、症状に無駄はなかったのです。
「最近○○が気になる…」
という体感や症状に対して敏感に、早めに対処してみてください。

*注)クスリは対処としては、好ましくない結果を出すので、ぼくはオススメはしません。
例えば、寝違えやギックリ腰に対して痛み止め。
「もう限界だから動かないで!」というサインなので、痛みを止めてそれ以上動かせるということは、後々、悪い事しか起こりません。
想像できますか??


バランスが崩れ続けたことで、いろんな症状が現れてきます。
健康番組やコラム、雑誌などの情報を気にし過ぎて、偏り過ぎ、傾き過ぎはありませんか?



ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000