子どもの偏頭痛

子どもの頭痛が急増しているそうですね。


なぜか?


間違った姿勢指導が原因となっていることが主。

子どもたちに背筋を伸ばして「姿勢を良くしなさい!」というのは虐待と同じです。そのせいで頭痛、肩こりになります。


そして、これまで何度も記事に書いていますが、偏頭痛は、頭の左右どちらかに偏る頭痛のことで、変なタイミング、変な痛みの頭痛ではありません。

偏頭痛は、自律神経の乱れで起こります。

副交感神経の働きが乱れた状態に起こります。


*「自律神経とは?」は前回の記事参照


背筋を伸ばして胸を張った、一般的に正しくきれいな姿勢は、体の機能構造的、解剖生理学的には間違った姿勢です。

背筋を伸ばすだけで、自律神経は常に興奮状態になり、筋肉は過剰緊張、血管は収縮、血流悪化、呼吸機能の低下、内臓機能の低下、免疫力低下になります。


一度、このような状態が長続きすると、自律神経を整えるために、姿勢の調整や体内圧力を抜いてあげる施術が必要になりますので、子どもは、子どもらしい姿勢のままでいさせてあげてください。

また、背筋を伸ばすことで、側湾症にも発展しますので厳重注意です!



*姿勢については、こちらも参照


世にも恐ろしい…

これで、子どもはおかしくなる…。




そして、原因は、姿勢だけではありません。

姿勢以外の原因は食べ物。

特に、白砂糖や人工甘味料などの食品添加物、また必要のないワクチンや予防接種なども大きな原因となりますので、本当に正しい知識と認識を持ってください。

子どもを守れるのは親だけです。




ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000