血圧は上がるし、下がる

常識的、日常的に言われるような事

塩分を摂り過ぎたら高血圧になる
高血圧は塩分控え目に
血圧の薬は止めたらダメ
肉は太るから食べない
野菜中心の食事で血液サラサラ
背筋を伸ばさないといけない
背筋を伸ばさないと将来腰が曲がる
腰骨を立てて座りましょう
脚を組んだら骨盤がゆがむ
体力落とさないように運動しましょう
筋トレは鍛えたい筋肉だけを意識
ストレッチはピーンと引っ張る
背筋が強過ぎるから腹筋を鍛えましょう
ギックリ腰は温めましょう
インフルエンザの予防接種を受けましょう
ピロリ菌を除菌しましょう
盲腸は切っても問題ない
足親指重心で立ち、歩きましょう


世の中には様々な一般常識があります。


この中のうち、良くない事がいくつかあります。
探してみてください。






先日、頭痛、肩こり、腰痛、背中の痛み、めまい、耳鳴りなど、もういろいろ症状があると言う方がいらっしゃいました。

と言っても、ウチに来てくださる方は、ほとんどこんな感じで…

「ものすごく背骨が歪んでるんです!自分でもわかります!
あと、たぶん自律神経なんですよね〜」

と、その方は、血管も脆くなっているとの事で、降圧剤を5年飲み続けているらしい。


まず始めに「この薬止めたら、多分いろんなところが良くなりますよ」
と、一言言っておくようにはしておきます。

そして、「たぶん自律神経なんですよね〜」というセリフ。

自律神経って何か知っているのか?
自律神経を悪者にしているような…
交感神経と副交感神経がバランスを取り合っている事も知らないのに。
これが、一般常識や浅い健康番組が与える影響力。


また、「背骨が歪んでる」は、
誰でも歪んでます。
歪んでない人なんていない。



でも、真実を伝えると、常識を覆す事になるので、それを言うと反発が8割です。


でも、これだけはわかっておいてほしいのですが

血圧は自然と上がるし、下がるという事。

降圧剤は、血圧を上げないといけない時も、血圧を下げるし
血圧が下がる時も血圧を下げるので、下り過ぎます。

血圧は、クスリが制御するのではなく、体が勝手にやってる事です。


血圧、血圧を気にする前に
血縁量と血流量を増やす事を気にしましょう。

降圧剤は、血の巡りを低下させるので、いろんな症状が生まれていきます。

ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000