病気のエネルギー

健常な状態より、病気の時のエネルギーはとても強い。

調子が悪い時の負のエネルギーって強烈なんです。
負のっていうと、悪い言い方かも知れませんが、人を巻き込む嵐のような…。



最近お気に入りの鳥獣戯画のカエルさん( *´艸`)



調子悪い状態を永く続けてはいけない。
自分以外の他者にまで影響を及ぼすからだ。
調子悪い時はイライラしてケンカになりやすい。というのも人を巻き込んでいる。
そんな単純な事以上に、もっと深いエネルギー的な話しにも発展する。
治療家をしているとよく分かるけど、"そういう人"が部屋に来た瞬間、空気が変わる。
鬱、癌、意外にも胃下垂がヒドい人も。
クスリを複数、長期間にわたり服用していたりする人も同様のエネルギーがあるように思います。


これは、ぼく個人の意見なので
すべてがそうである。
絶対にそうである。
という訳ではないですが


いずれにしても、体の内側が変性している、心の内側が変性している、状態はエネルギーが強烈になる。


永く抱え続けると、自分のエネルギーで自分を傷付け続ける。


手放していかなければならない。


手放す方法は
やはり"病名"に囚われない。
良い状態を思い出す。
良い状態になりたいと願う。
今の状態をいつ迄に終わらせるか考える。
今の状態でいることで都合が悪い事を探す。
何か良い治療法があると信じてみる。
場合によっては、がんばらずに楽でいる。


体の状態を変える、自分を変えるには、自分が変わろうとしないと変わらない。
周りを、環境を変えるには、自分が変わらないと変わらない。


ともナチュラル整体院には、重病の方もみえますが、ぼくが強くなくては負けます。
強く跳ね返しながらも、重病の書き換えをしていくので、時にきつい事を言う事もあります。

ぼく自身も流しにいかないと…
今年、実はこの手のエネルギーをもらい過ぎた。
かなり調子を崩したんですが。今は何ともない。
この経験を活かして、来年もたくさんの方に良くなってもらいたいと思います。


ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000