肩こりがなぜ治らないのか

肩こりで悩む方が多い。
実際、ともナチュラル整体院のホームページを検索しているキーワードを見ると
「肩こり」がダントツ多い。

・何もしてないのに肩こりが激しい
・パソコン作業が多いから肩こり、首こりになるのは仕方ない
・なで肩だから肩こりになりやすいと言われた
・肩こりに良いエクササイズをしているのに肩こりが治らない



このような、悩みを持っている方へ。

あなたの「肩」や「姿勢」の認識が違うのかもしれませんよ!


肩の正しい解剖学的な位置は


画像の上の位置が背中側
左右の平たい骨が肩甲骨です。

背中から肩甲骨の角度は、30°〜35°が理想。

この理想的な肩甲骨の位置の人は割と少ない。

骨の図で見ても、どんな姿勢なのかわからないので、理想的な肩甲骨の位置、姿勢をしている人の写真を下に貼り付けました。






残念ながら、このような理想的な姿勢をしている人はなかなかいません。

スポーツしてないから?

違います。

みんな胸を張って、背筋を伸ばし過ぎているからです。



こんなストレッチ、エクササイズしていませんか?


肩こりにならない為に、肩甲骨を背骨に寄せて胸を張る姿勢を作るエクササイズです。

しかし、このエクササイズは、解剖学的に理想的な肩甲骨の位置、角度から大きく崩れます。

もし、こんな感じのエクササイズをしていたとしたら
肩幅はムダに広く、胸も背中も平らでペタンコになります。
男性なら厚い胸板
女性ならバストアップ
したいのではないかと思いますが、上の図のようなエクササイズをしていたり
背筋を伸ばし胸を張った姿勢が良いと認識していたら
解剖学的に理想的な姿勢、健康的な姿勢から遠ざかります。

その結果、肩こりが慢性化します。



海外モデルさんは、腰に手を添えても、胸を張ってません。
理想的な肩甲骨です!

日本人なら腰に手を添えたら、胸を張りますよね。

がっちり肩幅広げて、二の腕太くしたいなら、肩甲骨を背骨の中心に寄せて、胸を張りましょう。

呼吸も浅くなり、心肺機能の低下、自律神経を乱すことにもなりますが。


肩こりを本気で治したい!
綺麗な姿勢になりたい!
痩せたい!

という方は、ともナチュラル整体院にご相談ください(^-^)



ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000