肩こりや腰痛の原因は?

肩甲骨の動きが悪い
骨盤のゆがみがある

などが原因とされ
体を動かしていないことで、関節が固まるから、そうなる。
だから、体を動かしましょう!
ストレッチしましょう!
筋トレしましょう!

などと指導された事はあると思います。


しかし、実際、体を動かしていないから関節が固まるんでしょうか?



画像は関係ありません 笑
MKレストランのおしりあんまん♪



***

右肩はよく動かしていて、左肩はあまり動かしてないので左肩が凝る

ともナチュラル整体院での臨床で多いのは、
この場合、実際に硬いのは左肩です。
でも自覚症状としては右肩の凝りの方が強く感じる。
と言う方の方が圧倒的に多いのは何故か。


日常生活で動かしてない関節なんて、おそらくありません。

"動き"は、一箇所の筋肉、関節で動く事はありません。
複数の筋肉、関節がそれぞれ必要な動きをして、ひとつの"動き"を作ります。


動かしていなくて、固まる…
のではなく、無理な動きをして負荷をかけ続けているから、やがて凝ってくる。

と言うのが正しいでしょう。



床に落ちたモノを拾うとき
「腰を折り曲げ、手を伸ばす」という動きの中で、いかに多くの筋肉や関節を使いきれているか?

腰と手だけで動かすのではなく、脚、股関節、腰、背中、肩甲骨、腕、首、手とたくさんの箇所の動きを取り入れ負担を分散させるのが正しい動きでしょう。

バンザイする時は、手だけを挙げるのではなく、股関節、腰、背中、肩甲骨、首、などを連動させてバンザイする。

手だけでバンザイすると、肩や首に負担が集中するでしょう。



凝るのも凝らないのも、普段の動きの中で作られます。

動かしてないのではなく、動かしきれてないだけです。



ですから、動かしきれていないまま、ストレッチや筋トレ、運動をすると返って痛める可能性が高いのです。


まず第一歩として、体の各箇所の連動を妨げる姿勢をやめる事です。
連動を妨げる姿勢とは、前々からの記事でも書いているように、胸を張って背筋を伸ばす姿勢です。
丸い背中を作る事で、凝りから解消される箇所がどんどん増えるでしょう。



ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000