内臓の調子を整えると姿勢が良くなる


『体のゆがみ』を作る原因として考えられる要因を3ツご紹介。


①内臓機能の低下
各内臓と各筋肉がリンクしている為、内臓の機能が低下すると、筋力が低下する。
例えば、胃の機能低下は首の筋肉が弱る。
肝臓は肩甲骨と背骨の間の筋肉。
腎臓は腰の筋力低下。
大腸は太ももの筋力低下。
などである。
一部の筋力低下が起こると、それを補う為に、別の筋肉に余計に負担が掛かる。
筋力低下と負荷の増加で、アンバランスがうまれ、姿勢・体が歪む。



②自律神経のバランスの乱れ
筋緊張を保つ交感神経が優位になり続ける事で、過剰緊張した筋肉が姿勢を歪ませる。
また、自律神経は内臓機能に関係する為、①の原因にも関与する。



③体の使い方
ひとつの動作に対して、複数の筋肉や関節が関与しているが、その連動性を欠く無理な体勢や姿勢、動きをする事で歪んでいく。
→前回の記事参照



季節によって内臓の機能低下が起きたり
体質、体調によって左右される。
すぐにリセットされればいいが、長期に渡って不調を蓄積し続けると、どんどん歪みは増していく。

筋肉や関節が連動性だという事は、歪むもまた連動し波及していく。


正しい姿勢の指導や内臓機能の回復・向上のアドバイスなども、ともナチュラル整体院ではしています。




姿勢は毎日の食べ物でも変えられます。

ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000