常識が違えば、すべてが違う

ぼくの常識では、水道水は浄水するのが当たり前。

でも、そうでない人に、キレイなお水を飲みましょう!
と言うと…
「お水って浄水しないといけないんですよね…」
「わざわざ、買って来ないといけないんですかー」

となる。


ぼくの常識では、症状は抑えるのではなく、出し切ることを重要視します。

でも、おクスリが常時手に入る看護師さんは、結構な不健康体が多い。
何でもかんでも、症状を抑えこむから、体に毒が溜まってる…
そんな感じ。


ぼくはテレビをほとんど見ません。
この間、約1ヶ月ぶりにテレビをつけました。
でも、30分も見てない。

でも、そんなの信じられない!
と言う人の方が多いでしょう。




常識は世間一般な事がほとんどですが、個人個人の差があることもあります。


健康体になる為の常識も、セラピストやセラピストが所属する協会などでそれぞれ違う。


しかし、人間の体の構造、健康に体が機能する条件はひとつ。


何に従うかと言えば、健康番組の情報や雑誌のコラム、健康食品やクスリのCMとかではなく
自分の体の声に従うべきなのです。

今現在、自分が健康体でないと思うなら、それは、体は声に従っていない。
自分の中の常識を見直してみましょう。

ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000