子どもの整体

今日は、3人の子どもちゃんが来てくれて
とてもファミリーな感じで、ホッコリした1日でした♪♪


子どもの場合、どういう状態、症状のときに来たらいいのか?
というご質問を頂き
「あ!そうか…。ぼくにとっては普通でも、みんな、いつ、どんな時に利用したらいいかわからないな…!」と…。


子どもの整体は、こんな時にご利用ください。
↓↓↓↓↓



風邪引き
風邪の熱がツラそう
風邪引き気味
熱がなかなか下がらない
熱を何度もぶり返す
すぐに熱を出す
虚弱
風邪がおさまった後のケア
捻挫などのケガのケア
鼻水・鼻づまり
喘息・咳
便秘・下痢
頭痛・肩こり・腰痛
姿勢の改善

などなど。
まぁ、大人も子どもも変わりません。

ですが、せっかくだから、大人になってからあちこちの症状に困らない為にも、風邪や熱、ケガなどの"後"はしっかりケアする事をオススメします。


「おさまった」というのは
症状がおちついただけで、それを補う、補正する働きは、残ったまま。

例えば、捻挫。
捻挫の部位の痛みは引いても、それまでかばっていた他の部位
ケガとは反対側の脚や、腰、背中には、補正される際のゆがみが残ったままになっている事がほとんどです。


それを、放置しておくか、しっかりケアするかで、将来に違いがあります。

しっかりケアと言っても、子どもは回復が早いですから、ヒドい状態でなければ1〜2回のケアで十分ですので
放置せずに、整えておきましょう(^-^)



ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000