体の反応を悪者にしてはいけない

前回にもピロリ菌について書きました。
ピロリちゃんが居ないと、胃の状態をきちんと見回りしてくれる子がいなくなる…という事は〜
胃の状態が良くなかろうが、最悪だろうが、誰もお知らせしてくれないので、荒れ放題。
という事になっちゃいます。


胃痛は、悪者ではない。

風邪の熱も、悪者ではない。

頭痛も、腰痛も、アレルギーも
悪者ではない。

花粉や食物やハウスダストや…
なんでもかんでもアレルギーだ!アレルギーだ!
クスリだー!
ステロイドだー!

とか…。

どんだけ、体の内側の声を悪者にしてるんだろう。

異物が体に進入した時には、免疫が反応して、体の防御を始める。
免疫が強ければ、異物との闘いに余裕勝ちして、症状はほとんとでない。
でも、体の中では反応が起きているので、それがアレルギー反応だと認識される。

免疫が弱っちいと、異物との闘いが長引くし、体の内外、いろんなところに症状が出る。


ハウスダストって、ダニの死骸かホコリか…
そんなの、昔々の方がもっとヒドいはず。
人間が弱っちくなってるんです。



なぜか。


クスリに頼り過ぎたから。


クスリを神の様に崇めたから。


神の御業は体の内側の働きなのに。


必要以上のクスリは毒になります。
必要以上の良い食べ物もサプリも毒になります。
バランスが大切。



体の中の内なる神は、何を訴えているのか?
良く耳を傾けてみてください。


ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000