手術よりも施術が先

カイロプラクティック以外に治す方法なし

という記事。
整形外科の驚くべき現状
「腰痛の原因がわからない」
わからないものは治しようもない。
それは、私たちカイロプラクティックでも同じです。
ですが、レントゲンやMRIを見るだけの診断では見つけられない原因、症状、状態があります。
カイロプラクティックでは、実際に痛みの箇所やそれに関係する箇所の動きや状態を見て、触れて、動かして探っていきます。

長年経験を積んでらっしゃる先生もだし、私の場合も、ずっと骨や筋肉のゆがみを触診しているので、どこがどの骨、どんなゆがみがあるかもわかります。
患者さんと確認し合うこともあります。
「ホントに見えてるみたいですね‼︎」
と言われる方もいらっしゃいます。

症状には、必ず【原因】があります。
その原因をきちんと整えれば、症状はなくなります。
ゆがみの改善やマッサージなど、何もしないで、いきなり「手術」というのは、絶対に避けた方がいいと、私は思います。

例えば、「ヘルニア」で手術が必要と診断された方も、お尻の筋肉をほぐし骨盤を整えれば、嘘のように痛みはなくなることがほとんどです。

それでも、手術が必要でしょうか?

私の患者さんの中には、側弯症の為に腰痛がひどく、手術が必要だと言われた子がいます。
手術は最後の最後までとっておいてください。

ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000