呼吸の大切さ

呼吸は、身体のしなやかさや健康のバロメーターだ。

呼吸が浅いと、筋肉や関節は収縮し、固く緊張する。
それがながく続くと、コリや歪みになる。

逆に、呼吸が深く、緩やかであれば、筋肉も関節も身体もしなやかでコリや歪みがない状態を保つことができる。

深呼吸や呼吸法で身体の健康作りをするという理論は大正解なのだ。

呼吸は、頭蓋骨と骨盤を動かし、脊髄や脳に栄養を運ぶ「脳脊髄液」の循環をさせるためのポンプ作用でもあるので、酸素の供給の他にも身体にはなくてはならない作用をもたらす。

呼吸が浅いということは、脳や脊髄に栄養が十分に行き渡らない。
逆に老廃物も外に出ない。
それは、身体に「滞り」ができるという事です。


リンパの滞りの解消と同じく、脳脊髄液の滞りも意識して、呼吸を深くすることは、身体を健康に保つ為の重要事項です。


ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000