自律神経を静めることの大切さ


自律神経には
「交換神経」と
「副交換神経」
の2種類があり

それが交互に入れ替わり
身体の機能を果たしています。


交換神経が過剰になると

血管が収縮・血圧が上昇
涙の量が少なくなる
瞳孔が開く
唾液が少なくなる
心拍数が上昇
筋肉が緊張
胃腸の働きが低下
脳神経が興奮状態

これでは、リラックスできません。
現代人は交換神経が過剰になりがち。

仕事しているときも
お風呂に入っているときも
寝る前も

身体も神経も精神も
本当の意味でリラックスする時間が少なくなっています。

ともナチュは
この、交換神経を鎮め
副交換神経を優位に立たせる
施術をすすめていきます。


単にゆがみや痛みを取り除くだけでなく
自律神経のシステムそのものを整える整体。
自律神経を整えることは
ゆがみや痛みを繰り返す
パターンも設定し直すことになります。

心の状態も。

ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000