ゆがみを矯正する


ゆがみを矯正する。
さてさて、ゆがみを矯正するにあたって
身体のとの部分を
どのように矯正するのでしょう。


人間には、みっつのタイプのゆがみがあります。

そう。
たったのみっつです。

専門用語抜きにして、簡単に言うと。
ひとつは、1番多い80%くらいは
「右下がり」

10%くらい
「左下がり」

残り10%くらい
「側湾症」


「側湾症」以外
「右下がり」「左下がり」は
オンギャーと産まれる前の先天的なゆがみ。

「側湾症」は「左下がり」の変異形の後天的構築性のゆがみと
ボクは考えています。


側湾症以外、先天的にゆがんでるんです。
胎内で。


一般的に「ゆがみを矯正する」
と言うやり方は
筋肉をほぐしたり、押したり、引いたり
あるいは、脊髄反射を利用して
筋肉を弛緩されたりします。


ある程度、筋肉の緊張が和らぐと
まっすぐになったかのように見えるし
筋肉の緊張が和らぐとラクになります。


でも、本当は
先天的に「右下がり」か「左下がり」にゆがみを持っているんです。
ゆがみが普通なんです。

ゆがみを矯正すると言うことは
実はゆがませてるんです‼︎


先天的なゆがみを認識したうえで矯正されていますか?
側湾症を無理矢理、まっすぐにしようとされていませんか?

ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000