頭蓋骨と健康の関係性


頭蓋骨は硬いようで
実は柔らかい。

それぞれの骨の継目で微妙な動き
骨自体の微かな伸展と屈曲

この動きは
腦脊髄液の循環を促す重要な動きで
だいたい、体の調子が悪い時は
頭がカチカチに硬く大きくはれたような状態になっています。

呼吸で、肺が大きくなったり小さくなったり
しているように
頭蓋骨も同じように大きくなったり小さくなったりしています。


大きくなっているような状態は
腦脊髄液が腦に溜まりすぎて
圧迫ストレスをかけ続けている状態
「脳圧が上がる」とか「眼圧が上がる」
とか言うのを聞いた事があるかもしれません。


まだ逆に、小さくなり過ぎている状態が続くのも良くありません。

腦脊髄液が充分に頭に無い状態。

腦脊髄液は
腦や脊髄、神経に栄養を運搬し
また反対に老廃物や毒素を除去する役割を担っています。

腦から脊髄を通り、
神経を沿って、
内臓、筋肉、細胞と
体全体を流れます。

古くなった脊髄液は、リンパ、静脈に吸収されます。
静脈からは心臓に入り、動脈に流れ新しい血液とともに、また腦に帰り
腦内の脈絡叢という毛細血管の集合体で
新しい腦脊髄液が生産され、また全身に流れます。

この流れを作るのが
頭蓋骨の動きです。


頭蓋骨は全身の健康状態と深く関わっています。

ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000