子どもなのに不健康


「子どもなのに不健康」
成人病と言われた時代から
生活習慣病への病名が変わり
不健康数値はどんどん進行していっていますね。


新しい病名や呼び名
病気の種類
年齢だから…と言う病気は
常識を覆されています。

病気になるのは
年齢を重ねたからではなく
不健康だから。


しかし、大人より
リスクが少ないと思われる
子どもでも、どうして健康を害するのか?
子どもの不健康はどこからくるのか?


上の新聞記事の写真のように
姿勢が悪くなる理由は
体を動かさないだけが理由ではない。


母胎で
母親の食べ物で
母親の健康状態で
妊娠する前に飲んでいた薬で
父親の健康状態で
父親の精子で
父親と母親の生活習慣を
赤ちゃんが引き継ぎ
健康状態を分け
姿勢が崩れやすい体になる。

産まれてからも
予防接種や薬、食品添加物の嵐

子どもたちが
1番リスキーなんです。


ママと子どもの健康講座をするにあたって
時期や場所を考えています(*^^*)


ともナチュラル整体所

頭痛・肩こり・自律神経の専門家 ともナチュラル整体所 院長 はま ともかずのブログです♪ 自身の不健康体質の見直しから治療家となり、13年以上の臨床と試行錯誤から作り上げた専門技術で、頭痛や肩こりなどの自律神経の不調の軌道修正を行います。 単にゆがみを矯正する整体とは違い、対処的ではなく根本的に健康体への蘇生に導くことを考えた「蘇生整体」を追求しています。

0コメント

  • 1000 / 1000